img_7608

ぶりのあらとして売られていたパックに立派な切り身が入っていたので、切り身の一部はブリ照りとして、残りはぶり大根にしました。前日から煮込んでいたので大根の中までぶりのあらから出た出汁がしっかりとしみこみ、とってもおいしく仕上がりました。

 

実は夜予定があったので夕飯作っておき、主人に子供達の面倒見をお願いしていたのですが、、、

大きな煮物皿に大人二人分のぶり大根を全て盛っておいたのが大失敗。帰ってみたら骨と皮しかないっっっ!!!聞くと、息子(2才)が魚も大根もほとんど食べ尽くしてしまったそうです。楽しみにしていたのに。。。_| ̄|○盛りつけながら味見をしておいて良かったです涙。ですが、それだけ気に入って食べてくれたということなので、見方を変えれば喜ばしいことです。でも食べたかった。。。

ぶり大根

img_7608

By tama5chan 公開: 11月 29, 2016

  • 出来上がり量: 2 人前
  • 調理時間: 60 分

ぶりの骨や皮から出る出汁を大根がたっぷりと吸い込み、こっくりとおいしくなります。

材料

作り方

  1. ぶりは熱湯にさっと通し、表面が白くなったら氷水にとる。血合いや鱗をしっかり落とす。
  2. 大根は厚めに皮をむき、30分ほど下ゆでをしてザルにあける。
  3. 生姜は皮付きのまま3〜4枚薄切りにする(煮込み用)。残りは皮をむいてできるだけ細く切り、水に10分ほどさらしておく(薬味用)。
  4. 薬味用の生姜以外、全ての材料を鍋に入れ、火にかける。沸騰したら弱火にして15分ほど煮込み、一度完全に冷ます。