img_7455

雪・・・ですね。都心の11月の初雪は54年ぶりだそうです。東京の雪は水分が多くて溶けやすくさらに凍り付いて残りやすくあまり好きではない、と言いつつも、やっぱりどこかわくわくしています。今日は保育園おやすみなので、子供達を少しゆっくり寝かして時間をかけて朝ごはん作りです。と言っても30分ほどなのですが、、、平日の朝の30分はとてつもなく貴重な時間ですからね。。ブログを書きながら未だ部屋中にたちこめる醤油の香ばしい香りがなんとも言えません。

一口に焼きおにぎりと言っても形から大きさ、味の付け方、焼き方まで様々です。
母の焼きおにぎりは焼き網を使って作るタイプで、三角形厚みがあって中に梅干しが入っているものでした。母の母、つまり私の祖母の作る焼きおにぎりはフライパンで焼き付けるタイプで、丸型大きく、これまた中に梅干しが入っていました。子供の頃は焼き網でしか作れないと思っていたので、フライパンが出てきた時には衝撃でした(笑)市販の焼きおにぎりは、比較的小ぶり中まで醤油がしみしみの、しっとりとしたものが多いように思います。

私も母から習い、以前は焼き網を使っていましたが、一度網をダメにしてしまってからは魚焼きグリルで作っています。魚焼きグリル、これがまた万能で、焼き鳥からトースト揚げ物の温め等、「魚」以外の色んなものに使えます。火力が強いので表面がカリッと焼き上がり、料理によってはフライパンやトースターよりもおいしくできる気がします!

中は梅干しでも良かったのですが、せっかく作ったねぎ味噌がたっぷりあるので、ねぎ味噌を入れました。子供も食べるので、ご飯は70gくらいの小ぶりサイズで。醤油を塗るときにハケを使っていますが、ない場合は平たいお皿に醤油を出して、その上で焼いたおにぎりを転がします

以下、レシピです。

 

焼きおにぎり

img_7444

By tama5chan 公開: 11月 24, 2016

  • 調理時間: 30 分

表面はパリッと香ばしく、中はふんわりと、魚焼きグリルで作る焼きおにぎりです。

材料

作り方

  1. お好みの大きさ、形でおにぎりを作る。
  2. 魚焼きグリルを熱し、網にキッチンペーパーなどで薄くサラダ油を塗る。
  3. おにぎりを片面5分ずつ焼く。
    img_7439
  4. ハケで醤油を塗り、醤油を乾かすようにさらに1分ほど焼いて香ばしさを出す。
    img_7443
  5. 裏面も同様に焼く。
    img_7444