img_7045

卵が使われることの多い食品の一つ、練り物。卵アレルギーでも食べられる市販品の練り物の紹介です。これからますます美味しくなるおでん、卵アレルギーの子供でも一緒に食べられると楽しいですね。

メーカー 紀文
商品名 魚河岸あげ
価格 178円+税

皮は薄く、断面ははんぺんのようです。

img_7058

写真の通り、手で簡単につぶせる硬さです。はんぺんをより滑らかにした食感で、とても柔らかいので離乳食中期以降の赤ちゃんでも食べられます。味もはんぺんに近いです。

img_7061

ちなみに原材料表示欄外を見ると「この商品は、卵・小麦を使用した設備で製造しています。」という記載があります。原材料の記載について、明らかに使用しているものに関しては表示の義務がありますが、『本製品は、○○、××を含む製品と共通の設備で製造しています』といった表示は義務ではなくメーカー側の努力表示です。書いていないメーカーも多い中で、書いてある製品だけ除去することは無意味ではないけれどあまり意味がないと言われています。とはいえ、重度のアレルギーの場合は自己判断はせずにお医者さんの指示に従って少量ずつから試してみてくださいね。

img_7046

ちなみに、魚河岸あげシリーズには他に以下の2つがあります。
・魚河岸あげ五目
・魚河岸あげたまご
同じシリーズものだからと安心して購入してしまいがちですが、原材料表示を見ると「魚河岸あげ五目」には卵白が、「魚河岸あげたまご」には全卵と、どちらも卵が使用されています。購入する際は1点ずつ原材料表示を確認するようにしましょう。