次男が5ヶ月を迎え、早々におすわりが完成よだれも増えてきて、食べ物にも興味津々、ということで離乳食を始めました。年末だったため年末年始の病院の空き具合が気がかりでしたが、アレルギーを起こしにくいと言われているお米であれば問題ないだろうと思い、始めることに。

ところが始めて数日で体幹部(お腹、背中、脇腹)にブツブツができ、肩、二の腕、手の甲、おでこや頭は赤くガサガサの乾燥状態に。日に日に酷くなり、長男のアレルギーの症状とも似ていたのでもしやお米アレルギーかもしれないと思い、年末ギリギリのところで近くの小児科を受診。症状を診た先生もお米アレルギーを疑い、月齢が低くここでは検査できないということで大病院に紹介状を書いていただきました。

年末年始を挟んだため懸念していた通り1週間ほど予約が取れず、なんとか間違いであって欲しいと祈りながら悶々と過ごす毎日。小児科で頂いた薬を塗り、ようやく受診できたころには乾燥していたところはだいぶ落ち着いていましたが、体幹部の湿疹はあまり変わっていませんでした。

診断の結果「お米アレルギーの可能性は極めて低い」とのこと。結局期待していた(数値化されると安心するので)採血をしてのアレルギー検査は行わないことに。月齢が低すぎて今検査したところでその精度が低く、あまりアテにならないという先生のご判断でした。

お米アレルギーではないとの判断に至った理由は以下。

・米の摂取量が少ない(少量の米をさらに10倍に薄めている)。
・症状がでるまでにタイムラグがある。
・どんなアレルギーでもまずは摂取した部分(口周り)から症状が出るケースが多いが、今回は腕や体幹部など口から離れたところを中心に発症している。
発疹の形状がいわゆる蕁麻疹とは違う。
・お風呂上りなど体が温まった時に赤みが増す(通常食物アレルギーの反応は温度差による変化はない)。
・米アレルギーの子はすでに卵乳小麦に強いアレルギーがある子が併発するケースがほとんどで、米だけピンポイントで発症するケースは極めて稀。
・あまりアレルギー反応が出ないと言われている米に反応するくらい強いアレルギーを持つ場合は直接口にしてなくても母乳から摂取する微量の成分にも反応するため、母が何も食事制限をしていない中で特にトラブルなく完全母乳でここまで育つことは考えにくい。

感染性のウイルスや乾燥などで体調が万全ではない中で、離乳食を始めてさらに体内環境が変わったことで発症したのではないかという見解でした。今はとにかく薬を塗りまくって発疹を治すことが先決で、離乳食はそれから。しばらく定期的に通院することになりました。予防接種は予定通り受けてOKだそうです。

ここまで説明してもらっても(最初に症状を診た先生に「米アレルギーの可能性が高い」と診断された経緯もあり)アレルギーの可能性を完全に拭いきれておらず、そわそわした気持ちでいっぱいですが、先生を信じてまずは湿疹を治すことに注力しようと思います。

そういえば長男のために受けたアレルギー講習会でも、どんなアレルギーでも(アレルギーでなくても)肌の状態を良くしておくことが大切と言われたことを思い出しました。その時のメモ探してまたupします。