トイレトレーニングのお話、いよいよ最終章。今日は細かい注意点やちょっとしたコツをまとめていきます。

トイレトレーニングの注意点やコツなど

最も重要なのが以下の4点。

・周りと比べない、比べるのはあくまでも昨日までの本人
・できなくて当たり前、失敗しても 怒らない
できたことを褒めてあげる
・トイレに誘う間隔はその子の排泄の間隔に合わせる

トレーニングを始めるにあたり、排泄の間隔を知り、それに合わせて誘うことでより成功しやすくなるそうです。オムツを定期的にチェックして濡れたらすぐにオムツを替えます。このオムツ替えの間隔が排泄の間隔となるので、これを何日か続けてみて平均をとると良いそうです。ただしその時の気温や摂取した水分量などによってまちまちなので大体でOK!常に子供のお尻を追っかけ回してチェックするのは大変なので、始めは3〜4時間おきなど無理のない範囲でオムツのチェックして、濡れていたら替える、濡れていたらチェックする間隔を狭めてみるといった方法がオススメとのこと。

 

その他の細かいアドバイスとして、以下のポイントをお話し頂きました。

・トイトレ開始時にご褒美シールは使わない
・おまるは自分で捨てに行けるカセットタイプを選ぶ(中蓋を開けて取り出さないと捨てられない形状では自分でやらせにくい。)

ご褒美シールは我が家でも大失敗でした。「トイレでちっちできたらシールを張ろうね。」というアレです。その子の性格にもよるかもしれませんが、トイレでできないと貼れないシステムでは貼れないことに愚図ったり、1枚しか貼れないことで癇癪を起したり、トイレでできないと貼れないならトイレに行かなくていいやとまで言われました。それだと本末転倒なのでトイレに行ったら貼れるシステムにするか、完了間際本人のやる気と自信を上げるために使用するのが効果的だそうです。

 

また、革命的だったのが、アドバイスがこれ!!

事後報告でもOK
・遊びに夢中になっている時はトイレに無理に誘わない

講義を聞いて、我が家のトイトレで失敗だったなぁと思ったのもココでした。「できたことを褒めてあげる」大事なことだと分かっていてもこれが以外と難しく、いやいや、だってできてないし!!と思う毎日。失敗して内心イライラする気持ちを必死で抑え、笑顔で「いいんだよ、次からちゃんと教えてね。」というのが日に日に苦痛になっていました笑。子供が「ちっち出た!」「うんち出た!」と報告きた時、段々に「どうして出てから言うの?出る前に言ってって言ったでしょ!!」と怒るようになっていた自分がいたんです。ところが、それまでオムツに排泄することが当たり前だった赤ちゃんがある日いきなりオムツに出たことに「気が付けた!」そしてそれを「伝えられた!」それってすごいことなんだと講義を聞いて実感しました。そしてもう一つの失敗の原因が、子供が夢中で遊んでいる時に無理にトイレに誘っていたこと。子供は当然ながら嫌がり断固として拒否。結果お漏らしをして、それ見たことかと怒り、こっちはムカムカ、子供はシュンとなりますますやる気をなくすという悪循環だったんです。ところが講義で言われた一言で納得しました。「大人でもドラマを見ていて、今すごくトイレに行きたいけどこのシーンだけはどうしても見逃せないから行かないと選択することがあるでしょ?」と。我慢できるかできないか、身体の機能が違うだけで本質的には変わらないのだと気付かされました。いずれ自分で「間に合わない!」と気付く時が来るので、それまでは温かく見守ってあげるのが良いそうです。

 

講座を受けて

受講後に実践したことは以下の3つ。

・なるべくオムツを乾いた綺麗な状態にすること(ただし本人が嫌がる時はそのまま。)
・子供の意思を尊重すること(定期的に声はかけるけど、行くか行かないかは本人に選択させ無理に誘わない。オムツ、パンツも本人の履きたい方を履かせる。)
・本来の意味での成功とまではいかなくても、できたことを心から褒めること(オムツ替えてスッキリしたね!事後報告でもちっち出たの分かったの?すごいね!!教えてくれてありがとう!!便座に座らなくてもトイレまで来られたね!すごいね!頑張ったね!!!)

技術的なことは一切せず心に訴えかけること2週間、始めに書いた通り突然自分からパンツを履きたいと言い出し、トイレに誘った時にもついて来てくれる確率がぐんと上がりました。さらに1週間後に大好きなトーマスのパンツを購入。するともう100%パンツを選択するように。外出や就寝時もパンツを履きたがるのでこっちがヒヤヒヤです。さらに次の日からは自分から「ちっち!」と教えてくれるようにまでなりました。これまでも教えてくれることは何度もありましたが、明らかに今までと回数が変わりました。1.5〜2時間おきくらいにいかにも今!というタイミングで教えてくれるので、「出そう!」という感覚が掴めてきたような感触があります。外出時はとにかくこまめに声をかけ(でも本当に行きたい時以外は拒否されます)、就寝時は寝付いた時にこっそりオムツに履き替えさせたりしていますが、オムツ卒業の日も近いかもしれません。

以上、トイレトレーニングでお悩みのパパママ達の参考になれば嬉しいです^^